<お知らせ>キャンパスプラザB109情勢が緊迫していますので,17日(木)に公開を予定していた「全学連の活動実態(8)」は,事態が落ち着くまで更新を延期致します。

 昨日の第一報はこちら。「日本共産党,駒場キャンパス内活動拠点消滅へ

 部室である東京大学キャンパスプラザB109号室を取り上げられることになった,「平和研究会」「環境研究会「青空の会」」が,各サークルに配っている文書を入手しました。以下に公開いたします。どうやら,学友会の評議員サークルに呼びかけて,学友会評議員会を開催してもらい,そこで,決定を覆してもらおうとしているようです。また,別の理由で部室の取り上げが決まったサークルとも連携することにしたようです。
 今日も,学生会館・キャンパスプラザにいると,「青空の会」関係者がいるのを見ました。どうやら,先週から,毎日,部室回りをつづけているようです。また,彼ら自身の文書↓に,「ほぼ毎日窓口にいって」いるとあります。学友会窓口の方もさぞたいへんなことでしょう。
 ところで,これに対して,私の側でも,学生に背景事情を知ってもらうために,本日午後,急遽,資料を作成して,全部室に置かせていただきました。その内容は,一番下に載せています。

「青空の会」「平和研究会」とフォイヤーベルク管弦楽団連名の「部室割り振りについてのお願い」(一部修正)
コピー MX-2610FN_20130116_142417_001
「青空の会」単独の「部室割り振りについてのお願い」…学友会学生理事会とのやりとりを公開したもの。(一部修正)
1枚目 2枚目
3枚目 4枚目
5枚目 の順番。
MX-2610FN_20130116_142417_002MX-2610FN_20130116_142417_003コピー MX-2610FN_20130116_142417_004コピー MX-2610FN_20130116_142417_005
MX-2610FN_20130116_142417_006


 前述したように,これに対して,私の側でも,学生に背景事情を知ってもらうために,本日午後,急遽,資料を作成して,全部室に置かせていただきました。以下の文章と,きのうの私のブログ記事「日本共産党,東大駒場キャンパス内拠点消滅へ!」を印刷して用意しました。
b109対策文書
 この様子で行くと,1月18日は,B109側の「立てこもり」不可避か?という感じがいたします。見物になるかもしれません。ひきつづき,続報を随時お知らせします。