以前も言及したのですが,東大教養自治会の全学連脱退という到達点を将来にわたって伝えることをめざして,昨年暮れから今年始にかけて作業を進め,一連の関係資料をまとめた冊子を制作しました。およそ90点の資料からなる200ページほどのものになったので,あいにく,ネット上では公開できませんが,目録だけ公開したいと思います。日誌としての機能も果たすものですので,参考になるかと思います。
 これをまとめたのは私の個人的作業によるものですが,私としては,「全学連脱退の到達点を確認する」という意味を込めて,現在の学生自治会理事会が発行するのがふさわしいと考え,資料集を発行するのであれば原稿および諸権利を無条件で譲渡するので積極的に検討して欲しい,と理事会に伝えました。しかし,2ヶ月経っても返事が無く,結局,私の個人的な成果物となりそうです。今後,各自治団体や一部図書館への寄贈を考えています。一般の方への頒布は検討中です。
 今後も,断続的に論じていきますが,正直言って,現在の自治会役員(の大半)は,全学連脱退の意義と自治会改革の理念を理解できなかったようです。学生自治会にまつわる「無関心と無知」という構造的問題はいまだ解決されておらず,自覚的学生による改革の取り組みの継続が望まれます。その上でも,この資料集が将来にわたって役割を果たすことを心から期待するものです。

東大教養自治会の全学連脱退に関する資料集の目録はこちら↓
91点の資料の目録です。ぜひご覧ください。
(Google docs で開きます)