教養学部当局が、今日24日から来週にかけてのタイミングで、唐突に、教室におけるビラの机上配布を、全面的かつ通年で「禁止」しようとしていることが判明しました。23日、学生支援係の担当者が、作成した「ビラ配布禁止」の張り紙とともに、筆者に明らかにしたものです。ビラ配布の禁止は、学生の権利を狭めることにほかなりません。そのうえ、今回は、学生自治団体への事前協議や、事前の広報すら行わないという、この上ない一方的強行です。学部の担当者に直接抗議したほか、下記のビラを有志で発表・配布しました。

PDFはこちら(PDF化の過程で不具合が生じたため、実際に印刷して配布したビラとは細部のデザインが異なっています。)

教室での「ビラ配布全面禁止」 断固抗議します
・教養学部当局が今日24日~来週にも通年規制を強行予定
・学生への事前説明・自治会や学友会への事前協議一切なし 

教養学部生有志
文責:(当ブログ管理者) 

 教養学部当局が、今日24日から来週にかけてのタイミングで、唐突に、教室におけるビラの机上配布を、全面的かつ通年で「禁止」しようとしていることが判明しました。私たち有志は、直ちに当局の担当者に抗議し、引き続き、学生委員長と教務委員長に対して断固抗議することにしています。ここに、学生の皆さんに、問題を明らかにし、対応を呼びかけるものです。

問題点1 学生の正当な権利の侵害
 当局によるビラ配布の「禁止」は、明確に、学生の市民的・政治的自由の侵害です。大学にとって、自由は生命ではないでしょうか。高等学校とは違い、大学が自由な言論空間であるからこそ、学生は、自律的に考え、行動するようになるはずです。また、机上配布ビラは、今なお、大量宣伝および言論活動の主要な手段としての位置を占めており、その禁止は、サークル活動や言論活動の縮小をもたらします。
 今回、学部当局がビラ配布を「禁止」する理由としては、講義環境の改善と、清掃作業の効率化があると考えられます。しかし、ビラ配布が、学生の権利だと考えるならば、実務的な理由がいくらあろうとも、安易にそれを禁止できないのは当然のことです。ここにおいて、当局が持ち出しているのは、「管理の論理」に他なりません。管理者にとって邪魔になるものは、全て、規制の対象とされてしまいます。ここで、「ビラ配布禁止」を許してしまえば、駒場キャンパスに「管理の論理」を導入することになり、次は学生用掲示板の許可制、その次は立て看板の許可制と進み、学内での集会・集合の禁止にまで行き着くのにそう時間はかからないでしょう。過去問の利用やシケプリに対して恫喝的な言葉を用いて「注意喚起」した4月19日付の文書は、この動きのはしりに他なりません。実際に、早稲田大学や中央大学などの伝統ある私学でも、すでに、ビラや集会が禁止されていたり、立て看板が許可制になっていたりしています。東大本郷キャンパスも、すでに、ビラ・立て看板が事実上禁止されています。

問題点2 学生無視の一方的な決め方
 今回の「ビラ配布禁止」は、学生側への事前の説明や協議を一切抜きに、抜き打ち的に強行されようとしています。
 そもそも、講義環境の改善や清掃作業の効率化と、ビラ配布との問題については、学部と学生との間で協議を交えながら、学生が自主的にルールを定めて、その両立を図っていくことは十分可能です。たとえば、配布したビラは配布団体の責任で当日中に回収することになっている大学もありますし(日本福祉大、一橋大など)、ビラ配布を朝の時間帯だけに限定したり、「絨毯撒き」(全席に敷き詰めるようにして撒くこと)やその他迷惑とされる撒き方を取りやめたりすることもできます。学生の自主的なルール設定という選択肢を無視して、最初から、一律にビラ配布を「禁止」してしまうのは、あまりにも乱暴な行為です。(ただし、学生の自主規制が、当局による規制の下請けに転化してしまうという例も他大学で散見されます。真に自主的な規制にするためには、当局による規制を許さないという学生の明確な意志が重要になってきます。)
 また、当局は、「ビラ配布禁止」について、今に至るも、学生自治会や学友会に対して事前協議を行っていないのはもちろん、通告も行っていません。そのうえ、学生一般に対する一方的説明すら行っていません。当事者である学生の意見を一切聞こうとせず、かつ、事前に知らせる事すらしない――これ以上一方的なやり方があるでしょうか。こうしたやり方は、学生の大学運営への参加の権利を一切否定するものです。学生の中にも、ビラの配布や当局による規制について、様々な意見が存在しています。しかし、当局が、私たち当事者の声を一切聞かずに、一方的に規制を導入するのは、意見の相違を超え、全ての学生にとって、大きな問題だと考えます。

「多すぎるビラ」と「配布禁止」は別次元の問題
 「ビラが多すぎて邪魔」という声も、学生の間に多く存在しています。私たちの中にも、教室の利用の妨げになるほどビラが氾濫している状況を、良いとは思っていない者がいます。2年前には、環境問題を研究するサークルの一部門が、ビラの訴求力について調査し、その成果を踏まえて、ビラの減量とサイズ縮小を主張したこともあります。しかし、「ビラが多すぎるから、禁止してよい」というのは間違っていると考えます。多すぎるビラは、配布団体と受け取り手の学生の間で解決するべき次元の問題だと考えるからです。ビラが多すぎて迷惑だと考えるなら、まず、発行元にビラを減らすよう意見したり、あるいは、自分の所属する団体がビラを減量したりするのが筋でしょう。あるいは、学生間で是非を議論の上、ビラの配布が集中する新歓期にのみ、新歓活動を主管する自治団体等による量的規制を導入するという選択肢もあり得ます。立て看板ではすでに同様の規制が形成されています。
 他方、当局によるビラの禁止は、そもそも、ビラの多少を問題にしておらず、学生の権利の否定にほかなりません。「多すぎるビラ」を改善することと、当局が一律に禁止することとは、全く別次元の問題です。重ねて申し上げますが、私たちも、ビラの氾濫状況に問題意識を持っています。東大の学生の中でも、ビラが多すぎて迷惑だと思ったことがない人はあまりいないでしょう。しかし、それでも、教養学部当局による「ビラ配布禁止」には、断固として反対するべきです。

堂々とビラを配布し続けよう 
 ところで、今回の「ビラ配布禁止」は、当局による「観測気球」という側面もあると考えています。なぜなら、当局が、本当に、厳格にビラの配布を禁止しようと考えるなら、事前に、様々な理由を挙げた説明文を発表し、学生に宣伝するだろうと思われるからです。ところが、現在、当局が予定しているのは、各教室に「ビラ配布禁止」という張り紙を張ることだけなのです。また、実効的な「措置」も発表されていません。私たちの調査の限りでは、教授会や各種委員会を正式に通過させたことは確認されておらず、学内諸規定としての効力もほとんどありません。現時点では、「ビラ配布禁止」は、強制力のない空文であり、当局が「ビラ配布を禁止してみた」というレベルのものにすぎず、当局は、学生側の反応を見極めようとしていると考えられます。ここで、各サークル・団体が、遠慮することなく、堂々とビラを配布し続けることで、「ビラ配布禁止」を死文化させることが、ビラ配布の権利を擁護するうえで有効な手段だと考えます。警備員の方や清掃作業員の方が、なんらかの指示をしてくることもあり得ると思います。その場合は、一旦は場所を改めて配布を続け、そのうえで、学生支援係の窓口に抗議することを呼びかけます(警備員の方や清掃作業員の方は、学部当局の指示に従っているだけです)。先述のとおり、私たちも、すでに、学生支援係の担当者に抗議をしています。逆に、ここで学生が、「ビラ配布禁止」を真に受けてビラ配布をやめてしまえば、「張り紙一枚で学生を従わせられる」という先例を教養学部当局に与えてしまうことになるでしょう。それは、「管理の論理」の浸透の入口にほかなりません。

※4月19日付教養学部文書について
 教養学部当局は、先月19日付で、「過去問等無断掲載Webサイトについて(注意喚起)」と題した文書を発出しました。過去問等の公開は著作権の侵害に当たると指摘し、また、シケプリについては、「自ら考えて勉学する機会を損ねるものである」との認識を示したうえで、「Webサイト管理者に対して、厳重に抗議していく」としました。これに対し、Twitter上では、自らの授業内容について無反省だ、との強い批判が学生から上がりました。

過去問やシケプリで対策されてしまって公正な試験ができなくなる程度の問題しか作成できない方が悪い(@yosfuk1112)
正直言ってシケプリを一時間読むだけで単位どころか優までありうる講義が存在するこの現状で「シケプリは学生の皆さんが自ら考えて勉学する機会を損ねる」とか言ってんの笑止千万でしょ(@tempest_plus_)
シケプリが優秀ならシケプリを超える講義をすればいいんじゃないの(@__min_cs__)

 著作権法違反は親告罪であり、この場合、当局が学生を告訴してはじめて、問題化します。それでは、東大当局が、社会から嘲笑を受けるリスクを冒してまで、過去問を交換している学生を刑事告訴するということが現実にあり得るのでしょうか。大げさな言葉を用いて、学生を恫喝しているにすぎません。シケプリ批判に至っては、筋違いも甚だしく、かつ、当局と学生との関係は、単位認定など学修の面以外においては、一般の市民的・社会的関係にほかならず、学生によるシケプリ作成を規制できる権利は当局には存在していません。今年度に入ってからの教養学部当局は、学生に対する高圧的姿勢が際立っており、4月19日付文書と、「ビラ配布禁止」は、いずれも、一連の流れを形成しているのです。


学部当局者に対する抗議文は以下の通りです。
2013年5月24日
学生委員長 豊島陽子 殿
教務委員長 中澤恒子 殿
広域科学科人文地理分科4年 (当ブログ管理者)
  理  科  一  類 1年 (管理者の判断で削除)
抗 議 文
 教室におけるビラの机上配布を「禁止」することに断固抗議します。
 大学においても、学生の市民的・政治的自由が保障されるべきであるのは当然で、ビラ配布の禁止はその侵害となります。講義環境の美化などを名目として、安易に規制するべきではないと考えます。机上配布ビラは、今なお、大学において、大量宣伝および言論活動の主要な手段としての位置を占めており、その禁止は、本学部の学生の自主的なサークル活動や、学生の言論活動を大きく縮小させるものです。
 また、今回の規制の決め方そのものも、学生を無視した一方的なものであり、大きな問題をはらんでいます。そもそも、ビラ配布と講義環境との問題については、学部と学生との間で協議して、状況の改善を目指す余地が十分に存在しています。そうした努力をせず、一律で「禁止」するのは誠に乱暴な挙と言わざるをえません。また、学生自治会、学友会、オリエンテーション委員会などの学生自治団体とも事前協議を行っていないうえ、そもそも、学生側に事前に説明すらせず、突然「禁止」しようとしています。こうした重大な規制の導入について、当事者である学生の意見を一切聞き入れない姿勢は、一方的との誹りを免れないうえ、それ自体、学生の理解を得られないことを自ら認識していることを示しています。
 一方的な手続きしか踏んでいない「ビラ配布禁止」規制の導入を即刻中止し、学生側と誠実に協議することを強く要求します。その上で、「ビラ配布禁止」を撤回し、将来的にも、ビラの配布に規制を加えないことを求めます。
過去問の利用やシケプリに対して恫喝的な言葉を用いて「注意喚起」した4月19日付の文書や、今回の一方的なビラ配布禁止をきっかけにして、なし崩し的に、学生の自主的活動に対して規制や圧力を加える動きが続くようであれば、引き続き厳重に抗議していくものです。