伊香保温泉 - コピー

 「伊香保バスターミナル」に続き,「伊香保温泉」バス停を紹介します.関越交通伊香保線の終点にあたり,伊香保バスターミナルの約50メートル西側に位置しています.互いに見える位置にあります.「伊香保バスターミナル」に比べると,回転場と上屋,簡素な時刻表があるだけで,特に目立った施設はありません.私が推測するに,「伊香保温泉」がもともとの関越交通のバスターミナルで,その後に行政主導で「伊香保バスターミナル」が整備されたのではないでしょうか.位置的にも近接しており,「伊香保温泉」の重要性は相対的に低下しているものと思われます.ただ,タクシーは,「伊香保バスターミナル」ではなく,こちらの「伊香保温泉」で待機していました.
 なお,JRバス関東の高速バス「上州ゆめぐり号」の同名のバス停「伊香保温泉」は,上図の通り,別の場所にあります.JRバスはバス停名称の重複には厳しいはずなのですが,来街者を混乱させるような処理が行われていて残念です.
DSCN9867
 上屋の奥に見える信金の建物は,もともとの出札窓口・待合施設かもしれません.

DSCN9866
 遠景.タクシーが待機しています.

DSCN9885
  タクシー運賃表も掲出されています.「関越交通タクシー」とあるので,営業権の問題で,グループ会社である関越交通持ちの「伊香保温泉」を待機場所としているのかもしれません.