某A氏の資料庫

私見をまとめた雑文と,東大の学内政治風波に関する資料を置いています。東大駒場キャンパスの片隅から。

カテゴリ : 日本共産党,政治

日本共産党東大教養学部支部委員会,日本民主青年同盟東大教養学部班委員会『東大における反共主義とのたたかい』(1986年,学生新聞社)の目次

 
IMG_0602

 2012年6月に全学連から脱退し,名実共に,特定党派の支配に終止符を打った東京大学教養学部学生自治会ですが,その歴史の中では,一時期,共産党が主導権を失っていた時期がありました。東大紛争前もそうなのですが,それよりも,全学連・学生自治会経験者に深い印象を与えているのが,1984年6月~1985年12月の「七夕・クリスマス」時代でしょう。この時期,自治会選挙において,一般学生によって構成された選対が,共産党系の選対に対して勝つという出来事が起こっていたのです。
 これに対して,共産党は,党派性をむき出しにして対応しました。「民青東大教養学部班」の名前を出して,複数のビラや論文を発表し,学内で撒きまくりました。今回公開するのは,それらの論文を「学生新聞社」がまとめた本「東大における反共主義とのたたかい」です。ところで,この時期は,ちょうど,志位和夫氏が,党中央で青年分野を担当していた時期にあたります。また,2010年時点で,「志位さんが東大担当をしていた」というのは,東大の党組織でよく語られていたことです。おそらく,これらの論文は,実際には,志位和夫氏が執筆したものではないでしょうか?そうしたわけで,「志位和夫委員長の汚れた手(3)」として公開する次第です。

 「七夕・クリスマス」選対の詳細な時期についても記しておきます。
1984年6月選挙 第69期 七夕選対
1984年12月選挙 第70期 クリスマス選対
1985年6月選挙 第71期 紫陽花選対 (~1985年12月)

 googledocsでひらきます。共産党が,大学における共産党批判に対してどのように対応したかがわかる一級資料です。ぜひぜひ,お読みください。

 寸評を加えておきます。まず,「七夕・クリスマス」と原理研が「客観的に見れば共闘関係にある」というのは,<つづく→>続きを読む

「平和研」「青空の会」の部室撤去後,彼らの弁明文が掲示されましたので,見るべき内容は無いのですが,記録のために載せておきます。彼らにしては丁寧な文章なのは,誠実さを演出するためでしょう。表面的なそれに騙されてはいけません。
 また,評議員会での彼らの主張を,出席者から聞き取ったのですが,なんだか,完全に開き直っているという感じでした。確かに,彼らの中では,少なくとも2009年までは,学友会との取引があった以上,「民青が平和研の名前でキャンプラ部室を使って何が悪い」という考えなのでしょう。でも,それ一般学生には通じないよ…。評議員会での主張やこのビラなどで,またしてもいろいろな嘘をついていますが,いずれもかわいい嘘なのでこれ以上突っ込みません。
 まあ,一番アレなのは,評議員会での主張やこのビラも党東京都委員会青年学生部が指導して書いているであろうことですね。彼ら自身が,自らの嘘つきを一番良く認識しているはずです。
CIMG0928 - コピー

 また,先月23日の評議員会で彼らが配布した,活動実績を紹介する資料を載せておきます。私から言わせると,ほとんどが,共産党・民青としての活動を,誇張した上で,「平和研」「青空の会」に無理矢理後付けしてつくった「実績」です。 彼らに活動実績がないのは,当の東大生が,「知らない」という形で一番よく知っています。
IMG_0377

都青学はどんだけ思いつきで大衆団体つくって放置してるんだ?
人々の政治的要求を党のオモチャにしてもてあそんでるだけだろ。即刻やめろ。

都学連 2012年3月15日のつぶやきを最後に入眠。
学費ゼロネット 放置したまま「まなまなキャンペーン」を立ち上げ。
Peace Night 9 2011年1月で停止。
マルクスは生きている連続セミナー 2011年4月8日更新停止。
まなまなキャンペーン 2012年9月に立ち上げられて最初2ヶ月は活発にブログを更新していたものの,ツイッター・ブログともに2012年12月で停止。
原発No!学生チーム 「今年(2011年)中に2000筆を目標に集めています。 署名用紙は近日中に掲載予定」のまま。お粗末。募金で集めた30万円は別の運動団体の懐に入ったとか。募金した人に対する誠意もないのか。
国防軍反対。デモ!  たぶん2ヶ月後には消えてる。
就活シンポ なんとか生きてるが,あの「泣き寝入りしない女子学生の会」が消えてるのを考えればそのうちか。 

以上は,大学をまたいだもの数年分だけであり,大学内でつくっては消していった団体はこの何倍の数あるだろう。

【速報】現場から連絡がありました。それによると,学友会の運代・文代の両評議員会で,「平和研究会」「青空の会」の部室取り上げが改めて決定されたとのことです。フォイヤーベルク管弦楽団も同様に部室取り上げが決定されたとのことです。以下,評議員会参加者から提供されたリポートです。お礼申し上げます。

今日19時01分に開始した「学友会 文代・運代臨時合同評議員会」(於511教室)では、まずフォイヤーベルクについての部室取り上げの学友会案が話し合われ、フォイヤーベルク側は、代表が学生会館委員会と部室利用停止処分について係争している途中に部室を取り上げられたことの不当性を訴えたのに対し、自治団体側は、学友会が学生会館委員会からの要請を受けて、フォイヤーベルクからの話も聞きながら、利用停止の長い部室を他の部室を必要とするサークルに割り振ったほうがよいと判断したことを説明した。フォイヤーベルクに関しては、20時00分に無記名投票の用紙の開票を終え、運代が承認6、不承認1、文代が承認13、不承認5でそれぞれ学友会案が承認され、フォイヤーベルクの部室取り上げが改めて決定した。
次に環境研究会「青空の会」からはK代表、平和研究会からは修士のK代表代理(発言は採決により承認された)が、それぞれ「部室継続申請を期限内に提出した」との主張を繰り返したほか、民青との関係についても歴史的経緯を説明し、「ゆがみのない判断を」と理解を求めた。この2団体に関しては20時37分から45分にかけて投開票が行われ、部室取り上げの学友会案が、「青空の会」については、運代が承認6、不承認1、文代が承認12、不承認3で、平和研究会については運代が承認6、不承認1、文代が承認14、不承認3で、それぞれ承認され、これら2団体の部室取り上げも改めて決定した。

(注・【削除】さんはもう有名人なのであえて伏せませんでした)

 B109について言えば,締め切りをきちんと守ったサークルの利益を尊重する判断が出されたのではないでしょうか。また,同時に,これで,数十年置かれつづけてきた日本共産党・民青同盟の学内活動拠点が,東京大学から消滅することが決まりました。

 私としては,「平和研」「青空の会」の発言内容に興味があるところです。今度,参加者に詳しい発言内容を聞こうと思いますが,私の想像では,おそらく,事情を知っている人がその場にいないのをいいことに,またまたとんでもない詭弁を使っていることだろうと思います。そうした表面的な言説に惑わされずに,彼らが誠実な議論が期待できる集団なのかをよく考えて判断したであろう評議員サークルの各位に,元関係者として,心から敬意を表するものです。

 注目した皆さん,本当におつかれさまでした。そして,私としては,今回の件を機に,今後,この東京大学で,外部党派による学生に対しての不誠実な行為が繰り返されないためにどうすればよいのか,考えていくことが必要ではないかと考えているところです。

昨日,「平和研究会」「青空の会」による反論の文書が出され,学内各所に掲出されています.
 争われているのは,キャンパスプラザ閉館後の「提出」が認められるかどうかであり,この点については,すでに,評議員会における議論に焦点は移りました.それを見守るのみです.まあ,わたくしとしては,キャンプラ閉館後も提出してよいというなら,ぜひ,授業のレポートを締切日の夜に守衛室に提出してみてほしいものですが.
 この反論文も,もう,私からいちいち再反論する必要はないと思うのですが,どうしても看過できない言い逃れをしているので,最小限の指摘をしておきます.
IMG_0330
 私などの,「B109は民青の部室として使われている」という批判にたいする反論です.「民青に彼らの部室として使わせていたというのは大きな誤解」であり,「民青を兼サークルしている部員が安易に部室を貸していたことが何度かあり,是正していきたいと思」っているのだといいます.では,次の写真を見ていただきましょう.
 これは,2009年度新歓の槌音(新入生全員に配られるサークル紹介等冊子)です.
IMG_0328
 当時,「平和研究会」「青空の会」の部室はB107でした.ところが,上の写真に見るように,民青の活動場所の欄にも,B107とあります.これが,個人的貸し借りのレベルでできるというのでしょうか.
 
果たして,「平和研究会」「青空の会」が,まともな主張をしている団体なのか,見極めてほしいと思います.

 追記:今回の件とは関係ないのですが,上写真の民青の「連絡先」欄にある椎野大輔さんは,私もお世話になりましたが,当時の時点で,すでに東大を卒業して久しい,共産党職員でした(2000年入学だったか).東京大学のサークルの紹介冊子に,政党職員の名前が出てくる――まともな組織のやることでしょうか.共産党は,東大において,あまりにもたくさんの無法を重ねています.そして,そのことを1年9か月にわたって看過してきた自らの姿勢を恥じるばかりです.もともと,日本共産党・民青同盟の活動に加わり,少なくない学生の皆さんの利益を侵し,傷つけてきたものとして,ここに深くお詫びします.これらの告発によって,せめてもの罪滅ぼしをしたいと思っています.

※(2013年1月22日23時15分追記)中国鉄道関係の予約投稿記事が一時的に表示されていましたが,更新周期の関係で,一旦公開を延期させていただきます。 

このページのトップヘ